翌日からは普段通り生活

手術というと大げさなビジョンがあるが、1〜2本のインプラント埋入手術にかかってしまう時間約30分〜1時間程度で、抜歯とあまり侵襲の大きさは変わりません。麻酔も局所麻酔のみで行うことがまったくですし、手術後に入院などは必要なくデスクワークくらいですのであれば、仕事も可能です。3本以上の埋入や骨移植などを伴う場合は、1時間30分以上かかってしまうことが多く、患者様の全身状態や希望に対応して、局所麻酔に加えて静脈内鎮静法(点滴からリラックスするお薬を入れる、胃カメラ検査などでも利用されてる安全な麻酔法)と呼びます麻酔を併用するだけで、手術中の負担を大幅に軽減することができます。この麻酔法でも入院は必要ないが、事前に飲食の制限があるのです。さらに、手術後は少し休んで頂きましてから帰宅してましただきます。手術後、基礎的に鎮痛剤を服用していましただくことで、我慢できませんほどの痛みはほとんどないです。しかしていながら、骨にドリルで穴を開ける処置になるんですので、手術後最長で5〜7日くらい腫れや痛みが持続することの方があげられます。原則的には、手術当日だけ飲酒・風呂・運動は控えて頂くこととしますが、翌日からは普段通り生活していただいて問題ありません。