直接的に骨に結合したりする

天然歯は歯根膜という強靭な靭帯によって歯槽骨と結びついていますのです。この歯根膜からの感覚が「かみごたえ」につながります。一方、インプラント治療ではインプラント体の周囲に歯根膜を再生させることはでこない。この歯根膜がインプラントに存在しないことが、天然歯と比べた時の大きな相違点です。先ほども示してしまいましたとしてましてしまったように、歯根膜は噛む力の感知の役割を果たす感覚器でもありまして、歯根膜のないインプラントは、咬合圧(噛んだときの歯にかかる圧力)に対する反応が天然歯とは異なり、また、歯根膜によりまして噛んだときに若干、天然歯は動きます。一方、インプラントは歯根膜がなく、直接的に骨に結合したりするために歯は動きません。つまり、天然歯とインプラントを連結することが禁忌とされているのです。