検査と歯周病治療を行う

歯周病の方と健常者の方では、インプラントの生存率・成功率に差がみられます。10年後の臨床的成功率が健常者で約95%なのに対して、歯周病患者では70〜80%という報告があるのです。特に症状に気づきやすい年代は30代から40代、運動不足やストレスから体力的に回復力が落ちてくる時期に多く見て取れます。疲れが出てきますと、歯茎の抵抗力が歯周病菌に負けることで化膿し、ぶよぶよと腫れてくることがあげられます。そにみようかな化膿を繰り返すと歯周病菌が繁殖し、顎骨、歯の土台が溶けてやせ細ってしまいましたとしてましているのです。歯周病患者のもつインプラントへのリスク要因は、残存歯からの歯周病菌の感染、歯冠-歯根比の悪化、骨吸収によるインプラント埋入位置の制限、プラークコントロールの困難性、患者さん自身の遺伝的要素による免疫力の脆弱性などが挙げられます。インプラント治療の前にちゃんととした検査と歯周病治療を行うことや、治療後にメンテナンスを欠かさないことが、インプラントを成功させるようにも重要になりましてきます。メンテナンスに関しても、自然歯より大切にケアをしてあげるぐらいな気持ちでブラッシングをしよう。