周囲やかみ合わせる歯の状態

インプラント治療は外科手術が必要であって歯磨きなどのメンテナンスが必要で寿命が無いわけでもないです。手術のために骨造成という骨を作成する手術が必要になる場合や、高度な手術を必要とする場合も多く見て取れます。手術をしても失敗(ロスト)するケースもあるのです。負荷や負担が顎骨へ直接掛かるため、インプラント治療にはちゃんとした顎骨が必要で、歯周病、抜歯、長い間に義歯(入れ歯)を使用するなどによりまして歯槽骨が喪失してる(やせている)人は、顎骨のほかの部分や腰などから骨を移植(自家骨移植)もしくは、βTCPや脱灰乾燥した牛骨など(人工骨)を填入して、インプラントを埋め込む(埋入=まいにゅう)土台となる骨を作る骨造成(こつぞうせい)手術を必要とする場合があったりします。歯ぎしりの強さや、周囲やかみ合わせる歯の状態や、どこに埋入を行うかなど慎重に検討しないといけない。