コラーゲン繊維の構成比が異なる

インプラント周囲の骨は、正常な状態では治療後初めての1年で1〜1.5mm程度、そこからは毎年、年間平均で0.1ミリ程度吸収するとされてる。しかしていながら、清掃不良でプラークがインプラントに付着した場合、その周囲組織に炎症細胞が集まってきてしまいましたとしまして、細胞に潰瘍やびらんが起きる。さらに、組織が浮腫状になり、プラークがますます深い所へ進入しやすい状態になるため、炎症細胞も深部へ進入してしまうでしょう。こうなると、レントゲンに骨が破壊されました像が現れてくる。こにみようかな炎症は、天然歯周囲の歯肉に比較して、インプラント周囲粘膜が血管が少なく、コラーゲン繊維の構成比が異なること、インプラント周囲粘膜溝と天然歯歯肉溝での防御機構に違いがあることなどが原因で、天然歯よりも進行しやすい。