インプラント手術の最終目的

インプラントの治療計画作成の方法は、最終的にどこに歯を作り、よく噛めるようにしましょうのかという補綴主導型(トップダウントリートメント)がまったく主流を占めているのです。以前は顎の骨があるところにインプラント体を埋入して、それに合わせて、歯を制作しますという外科主導の考えもあったのだったが、そのようなら噛み一緒に歯を長きに使い始めているときに不具合を生じる実現性が指摘されており、いまはそにみようかな思い方で治療計画は行わない。補綴主導型(トップダウントリートメント)は、模型上でどこに歯を作るのかという仮想模型を作り、機能的・審美的に最も適した歯=最終補綴物(上部構造)の状態、位置を決め、それに基づいてインプラント体の埋入位置の決定し、場合によっては骨や歯肉の状態を整えるなどの治療計画の立て方です。インプラント手術の最終目的はインプラント体の埋入でではなく、機能、審美の両面を備えた歯の作成であって補綴主導型(トップダウントリートメント)が理想的になるのでしょう。